更年期の汗の原因と仕組み|頭や顔、背中などの汗対策

更年期で汗が止まらない原因は?

更年期障害は、暑くも無いのに汗が止まらないスウェッティングや顔がほてるなどのホットフラッシュ、生理不順などの身体的症状に加え、鬱やイライラなどの精神的症状が併発する事もあります。
更年期は、一般的に閉経を挟んだ前後約10年間と定義され、閉経年齢が50歳前後とされる日本人女性の場合、45歳〜55歳が相当します。
しかし、現在では女性の社会進出の増加に伴い、20代後半〜30代で汗が止まらないスウェッティングやホットフラッシュの症状を発症する若い女性が増えています。

 

女性の体は、ホルモンによってコントロールされていますが、加齢による卵巣の機能低下や過剰なストレスなどに誘引され汗を抑える効果のあるエストロゲンの分泌量が著しく減少します。
すると、妊娠状態の維持や基礎体温を上昇させるプロゲステロンがより活性化し、暑くも無いのに汗が止まらないスウェッティングが引き起こされやすくなります。
また、血管の拡張や収縮を調整するエストロゲンの分泌量が減少する事で、顔周辺の血管が過剰に拡張され、顔のほてりやのぼせなどのホットフラッシュを引き起こしてしまうのです。

 

 

背中の汗は更年期の症状?

背中に汗をかく原因は、更年期の症状であることがあります。
更年期は40代半ばから始まります。
女性の身体のいわゆる転換期とも言える時期で、様々な体の変化を招きます。
それまで無縁だった症状を引き起こすこともあり、戸惑う女性も多くいます。
そんな更年期の症状の一つに背中の汗があります。
背中の汗は服を着ていても目立ってしまうため大変気になります。

 

特にシャツを着ていると汗ジミになり人目も気になるのではないでしょうか。
このような症状は更年期により体温の調節機能に問題が起こっている可能性が考えられます。
体温調節が上手くいかないため、背中だけではなく体全体がほてり、急に汗をかくことがあります。
同時に冷えも引き起こすため不快感を伴います。
このような更年期の気になる症状の改善には生活習慣の見直しが必要になってきます。

 

食事では、イソフラボンを豊富に含む食品を摂取することが効果的です。
また軽い運動を心がけることで改善傾向が見られます。
どちらも並行して行うことで不快な症状は緩和されます。

 

 

更年期で首にも汗をかく?

更年期になると、ホルモンバランスの乱れから、体にはさまざまな症状がでることもあります。
その症状には、首に汗を多量にかいてしまうということも考えられます。
ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまうと、発汗作用にも影響がでてしまうため、ほてりがでたり、多量の汗をかいてしまううことがあります。

 

対策には、生活習慣の改善や、ストレスの解消が大切です。
更年期では、必然的にホルモンバランスに乱れを生じますが、乱れた生活習慣を続ければ、更年期の症状も悪化することが考えられます。
できるだけ正常な状態に近づけるためにも、日々の生活習慣の見直しと、規則正しい生活リズム、そして睡眠をしっかりと取ることなどを重視していくことが大切です。
また、ストレスなども適度に発散できるように、生活を工夫していくことも必要です。
更年期は首だけでなく、そのほかの部位でも多量に汗をかくこともあります。

 

正常な汗をかくためにも、軽く運動をする習慣を生活に取り入れることも大切です。
更年期のため、軽めの運動をするならば、ウォーキングなどを定期的に行うといいでしょう。

 

 

更年期には頭に汗をかくの?

40代から50代は女性ホルモン(エストロゲン)の減少で自立神経のバランスが崩れ、血管の収縮や拡張がうまくコントロールできなくなるために様々な症状が起こります。
何もしていないのに急に頭がのぼせて顔がほてり、滝のような汗をかいてしまうのは更年期の代表的な症状で「ホットフラッシュ」と言われます。

 

更年期になると卵巣は年々衰えるため、エストロゲンをうまく作れなくなりますが、脳がそれに気づかず、卵胞刺激ホルモンを出し続けてアンバランスな状態になりホルモンバランスの乱れを起こします。
甲状腺ホルモンやアドレナリンがたくさん分泌され、血管を収縮させたり、体温を急に上げたりするのです。
それが頭や顔に多汗の症状をおこすホットフラッシュです。
季節や温度に関係なく更年期の多汗は起こり、寝ている間にも頭や顔だけでなくシーツが濡れるくらいの汗をかくことがあります。
ホットフラッシュの症状が治まると寒気が起こるのは、広がった血管を収縮させようとする働きで血流が悪くなったために体が寒く感じるのです。
体温が上がり汗がだらだら出ていても寒気を感じたり、下半身が冷たくなったりするのは更年期の症状なのです。
長引くと辛いので婦人科での受診をおすすめします。

 

大豆イソプラポンの入った豆腐や納豆、みそ汁も女性ホルモンの働きを助けます。

 

 

異常な顔の汗を予防するには?

頭に血が上った様なのぼせや、顔や体が急に熱くなるほてりは更年期の代表的な症状の一つです。
季節や温度に関係なく汗をかく症状を、ホットフラッシュと言います。
突然、顔が紅潮したり汗が出てくるので初めは驚くこともあります。
上半身がほてり、下半身は冷える場合もあります。
これは、女性ホルモン(エストロゲン)の減少によって自立神経が乱れ、血管の拡張や収縮がうまくできなくなったために起こるものです。

 

更年期が過ぎれば治まりますが、大きな病気が隠れている恐れもあるため、受診をおすすめします。
更年期の汗は顔や脇に集中しやすくなるため、なるべく運動をして全身から汗を出すようにすると症状も軽減されます。
肌着は汗を吸収しやすくて乾きやすいものが冷えを防ぎます。

 

暑くなり始めたら首の後ろを保冷材で冷やすとほてりが治まって楽になります。
更年期にはビタミンB1やビタミンB12、ビタミンCやビタミンE、亜鉛、大豆イソプラポンを取り入れた食事が症状を和らげてくれることが期待できます。
豚肉、レバー、牡蠣やレモン、いちご、ブロッコリー、かぼちゃ、アボガド、納豆などの食材をバランスよく取り入れて更年期を乗り越えましょう。

 

 

他のウェブサイトの紹介

更年期の汗での悩みを解決していきたいものですが、それ以外の悩みも一緒に持っていたりしませんか?
例えば、首のあたりにイボができているなどです。
イボは専門サイトを訪問してみると、何かと知識が深めやすいかと思います。

 

また、更年期の汗の原因についての情報は、このサイトがおすすめです。
更年期が原因の汗はいつまで続く?

 

更年期の汗のいろいろな情報について調べてみて下さい。